出発日 令和元年6月2日(日)
目的地 広島市安佐南区  武田山(410.5m) 〜 火山(488m) 足跡 ⇒ 
行 程 憩の森駐車場(8:00) ⇒ 尾根分岐(8:21) ⇒ 武田山山頂(8:37〜50) ⇒ 上高門(9:00) ⇒ 水越峠(9:25) ⇒ 火山山頂(9:53) ⇒ 展望岩(9:58〜10:08) ⇒ 火山山頂(10:16) ⇒ 水越峠(10:42) ⇒ 下高門(11:02) ⇒ 憩の森駐車場(11:25)  【総時間 3時間25分】


武田山山頂

午後から降雨確立が高くなるため,近場の武田山〜火山を歩くことにした。
憩の森を出発し,谷を詰めて尾根道に向かう。
谷道は思ったより急勾配で直ぐに汗びっしょりになる。
尾根道に上がり,御門跡・千畳敷を経て武田山の山頂に着いた。
予想通り山頂からの展望はすこぶる悪かった。
暫く休憩した後,火山に向かった。
途中,観音堂跡から上高門に寄ってみた。すると意外にも展望は開けていて,晴れていればきっと素晴らしい眺望が見れると思った。
水越峠を経て顎が上がる急勾配を上り,汗びしょで火山の山頂に着いたが,そのまま先の展望岩に行き,悪いなりの展望を楽しみながら暫し休憩した。
下山は,武田山に帰ってきたところで,上高門から下高門への下り道があったことを思い出し,地図には無いが憩の森へ下りはしないかと思い,行ってみた。
すると意外にも下高門からも市内が一望にできた。
更に下ると東山本登山口へ下りる道とは,逆(憩の森)方向に延びる道があった。
迷わず?逆方向の道を下っていくと巡視路にぶつかり,更に巡視路を下っていくと見事,憩の森駐車場の手前に下りて来た。