出発日 平成31年1月4日(金)
目的地 廿日市市宮島町
  前峠山 (423m) 〜 三剣山(490m) 〜 駒ヶ林(509m) 〜 弥山(529.7m)    足跡 ⇒ 
行 程 宮島桟橋(8:40) ⇒ 大元公園(9:05) ⇒ 尾根上がり(9:51) ⇒ 前峠山山頂(10:01〜10) ⇒ 前峠(10:23) ⇒ 三剣山展望岩(10:37) ⇒ 三剣山山頂(10:49〜58) ⇒ 駒ヶ林(11:08〜16) ⇒ 弥山山頂(11:39〜49) ⇒ 獅子岩駅(12:10) ⇒ 昼食(12:20〜35) ⇒ 榧谷駅(12:40) ⇒ 博奕尾(13:11) ⇒ 紅葉谷登山口(13:21) ⇒ 宮島桟橋(13:44)    【総時間 5時間04分】 
記 録

10時01分 前峠山山頂


昨年末で『ひろしま北里山キング20山』の踏査が終了し,今年は『廿日市20名山』を踏査することにした。
まずは,手始めに弥山・駒ヶ林を歩くことにして宮島に渡った。
大元公園から渓流に沿って上って行ったのはいいが,前峠山に向う尾根コースの取り付きを見逃したため,前峠山を乗り越して尾根に上がってしまった。
お陰で尾根から前峠山をピストンする羽目になった。
10分ほど急傾斜を登ると山頂で,脇の展望岩からの西側の眺めは抜群だった。
三ツ丸子山の奥に岩船岳,経小屋山の奥に羅漢山が見えた。


11時08分 駒ヶ林


前峠から三剣山に直登する。
5分ほど急な岩場を登ると傾斜が緩くなり展望岩に出た。
ここからは,岩船岳に弥山や駒ヶ林の山頂も眺めることができた。
更に5分ほど登ると三剣山の山頂でその北側の展望岩からは北側の山々が一望にできた。
大野瀬戸を挟んで沿岸部の山々はもちろんのこと,吉和冠山や大峯山も同定できた。
一旦,大元コースが上がってくる鞍部まで下り,駒ヶ林に直登する。
7分ほどで駒ヶ林の大岩テラスに上がるが,正面の弥山は逆光でちょっと見難い。

11時39分 弥山山頂


駒ヶ林からは,仁王門を抜け,遊歩道を通って弥山に上がった。
山頂の展望台からは360°の景色が見渡せるが,駒ヶ林方面や瀬戸の海が特に良かった。
下山は,霊火堂から獅子岩駅まで下り,人の少ない博奕尾尾根を下ることにした。
ロープウェイに沿って10分ほど尾根を下った岩場で瀬戸の海を見ながら昼食タイム。
榧谷駅の下を潜って羊歯に覆われた登山道を下り,博奕尾の案内看板に到着,ここから紅葉谷に下った。
これで1山(駒ヶ林+弥山)の踏査が無事完了。