出発日 平成30年7月16日(祝)
目的地 広島市東区 牛田山(261.1m)~松笠山 (374.6m)
行 程 戸坂くるめ木登山口(9:40) ⇒ 牛田山山頂(10:13) ⇒ 中山北町登山口(10:46) ⇒ 戸坂中学校登山口(11:20) ⇒ 松笠山山頂(12:00~20) ⇒ 八畳岩(12:50) ⇒ 矢口変電所(13:15)
    【総時間 3時間35分】 
記 録

10時13分 牛田山山頂


三連休の最終日は遠出を止め,4年ぶりに裏山を歩いた。
くるめ木登山口から登り始め,30分ほどで牛田山山頂に到着。
眺望を楽しむ代わりに写真を撮り,すぐさま中山へと下った。
山頂から10分ほどで中山南町分岐まで来ると登山道崩壊のため進入禁止になっていた。
仕方なく尾根を直進し山越えをすることにした。
以前は私有地で通行禁止だったが,踏み跡は意外としっかりしていて,ベンチ付きの展望地まであった。
しかし,展望地以降の道は,少々不明瞭になり,中山北町の団地の手前付近は竹薮の中に消失していた。


12時00分 松笠山山頂


中山北町第一公園の脇から戸坂中学校登山口まで40分近く掛かったが,アスファルトが焼けて無茶苦茶暑く,とても疲れた。
登山口から山に入ると日陰になり,少しは暑さが和らいだが,当然,勾配がきついので,汗が滝のように流れた。
さすがに熱中症が心配なので,15分間隔で塩分タブレットと水分を補給しながら,40分ほど掛かってようやく松笠山の山頂に到着した。
以前と違い,山頂広場の東側は,樹木が適度に伐採されて展望が確保されていた。
お陰で,北東側の二ヶ城山の左に白木山,右に高八山,東側には呉娑々宇山が見通せた。


12時50分 八畳岩


松笠山山頂から北尾根を北上し,八畳岩に向った。
起伏がほとんどなく楽だが,展望もないので,距離を稼ぐだけの道だ。
今回は上小田に下りるため,松笠観音は割愛した。
山頂から30分ほどで八畳岩に到着。ここからは,武田山から始まる縦走路が一望にできた。
八畳岩から10分ほど下った所と更に5分下った所に大きな崩壊地があった。
先週の土石流の上端部らしく,尾根のすぐ脇から始まっていた。
矢口変電所を左に下りたがバス路線が通行禁止で,延々5kmを歩く羽目になった。