出発日 平成29年7月15日(土)
目的地 島根県飯南町 大万木山(1218m)  足跡 ⇒ 
行 程 門坂駐車場(8:50) ⇒ 〔横手ルート〕 ⇒ 渓谷ルート出合(9:22) ⇒ 〔渓谷ルート〕 ⇒ 龍門滝(9:51) ⇒
大階段展望台(10:51) ⇒ 大万木山山頂(11:30~40) ⇒ タコブナ(11:46) ⇒ 山頂展望台(11:52) ⇒
〔滝見ルート〕 ⇒ 地蔵尊展望台(12:37) ⇒ 権現滝(13:11) ⇒ 門坂駐車場(13:33)    
     【総時間 4時間43分】 
記 録


9時51分 龍門滝


今回は,Ⅰさんと二人で大万木山にプチ遠征。
門坂駐車場から横手ルートに入った。
横巻きコースかと思うと結構アップダウンがある。
エゾユズリハやヤマアジサイの群生地, 赤松の森を抜ける。
渓谷ルートに入り,ここから標高1100mの稜線に向け,結構勾配のきつい道が続いていた。
沢沿いには,天を衝くようにサワグルミが真直ぐ立っていた。
龍門滝の滝壷には,足場が悪く十分に近づけなかった。
トチノキ,ナツツバキ,ホオノキ,ケヤキなど手付かずの自然林の中を歩く。
標高1000m付近からブナが目立つようになり,いつしか気持ちの良いブナ林の中を歩いていた。



11時30分 大万木山山頂


連日の猛暑で体力が落ちているのか,琴引山への縦走路がある稜線に上がった頃には,少しバテていた。
大階段展望台は南西側が開けていて,頓原の町並みやその左手には琴引山が見えた。
三瓶山が見えるかと目を凝らしてみたが,北北西の方角に位置する三瓶山は木々に邪魔され見えなかった。
大万木山の登山道は始終樹林帯の中なので直射日光が当たらず,気温25度前後ととても歩き易い。
大万木山の山頂は広々とした広場があり,木陰のテーブルでゆっくりと休憩できる。
山頂から2分ほどの所に通称「タコブナ」の大ブナがある。
このブナは,胸高ぐらいのところから11本に枝分かれして,まるでタコの形をしていた。


13時11分 権現滝


タコブナから更に2分ほど行くと山頂展望台がある。
ここからは東北東の視界が開け,毛無山・鉄屋山の稜線の向こうにちょこんと鯛ノ巣山の山頂が見えた。
再び山頂に戻り,「滝見ルート」で下山することにした。
こちらのルートは,この山のメインルートのようで,美しいブナ林の中に幅広の道が整備されていた。
林床の笹が広がるブナの森や多種多様な自然林は,わざわざ見に来る価値は十分にあると思う。
一方,滝見コースなのに滝がないと思っていたら,標高850m付近まで下りたところに「権現滝」があった。
この滝は,10数mと高さは無いが,水量が多く,一見の価値あり。
展望はないものの,新緑や紅葉時期にまた来たいと思う山だった。
備 考  今回の花図鑑はこちら ⇒