出発日 平成29年5月20日(土)
目的地 広島市佐伯区 湯来冠山 (1004.2m)  足跡 ⇒ 
行 程 登山口(8:42) ⇒ お社(8:56) ⇒ 稜線(9:35) ⇒ 湯来冠山山頂(10:20~36) ⇒ 北の展望所 ⇒ 稜線(10:58)⇒ お社(11:16) ⇒ 登山口(11:25)     【総時間 2時間43分】 
記 録


8 時56分 お社


快晴の予報に久しぶりに「ひろしま百山」を歩くことにした。
ただし,尾道からの出発なので,短時間で登れる湯来冠山をチョイス。
登山口のある貯水タンクの場所が分からず,ウロウロ。 ようやく到着したら既に8時半を回っていた。
登山口からは,谷沿いに杉林の中を登って行く。
小川を左岸・右岸と渡る度に勾配がきつくなり,15分ほどでお社に到着した。



9時35分 稜線


お社からまた一段と勾配がきつくなり, 標高600mを過ぎると杉林の林床はシダから笹に変わった。
膝までの笹道を登り切った所が稜線で,ここで一休み。
ここが標高680m付近なので,稼いだのが350m,残り320m。
この稜線を境に左側が植林,右側が自然林 に変わり,瑞々しい緑が青空に抜けていた。
勾配は更にきつくなった。


10時20分 湯来冠山山頂


肩から山頂までは虎ロープが張ってあるほどの急斜面だが,10分ほどで山頂に到着した。
山頂は狭い広場があったが,周りの木が伸びて展望はほとんど利かない。
西に吉和冠山や女鹿平山が見えるだけだった。
北側に展望地があるらしいが,行けども行けども樹林帯で分からなかった。
しかたないので,山頂のブナ を写真に収め,山頂を後にした。
備 考  今回の花図鑑はこちら ⇒