出発日 平成29年12月23日(土)
目的地 広島市安佐北区 白木山 (888.9m)  足跡 ⇒ 
行 程 駐車場所(8:25) ⇒ 青い吊橋(8:30) ⇒ おほたつ橋跡(8:44) ⇒ 九度瀬の滝(8:55) ⇒ 野遊郷(9:41) ⇒ 右折トラバース分岐(10:35) ⇒ 張出尾根上り(11:01) ⇒ 縦走路狩留家分岐(11:18) ⇒ 白木山山頂(12:05~35) ⇒ 九合目水場(12:48) ⇒ 直登ルート九合目(13:01) ⇒ 白木山山頂(13:20) ⇒ バリエーション分岐(13:46) ⇒ 分岐広場〔ケンカワカレ〕(14:56) ⇒ 登山口(15:19) ⇒ 駐車場所(15:42)
  【総時間 7時間17分】 
記 録


8時55分 九度瀬の滝


先月の白木山が面白く,今回もⅠさんに別ルートを案内してもらった。
狩留家に車を置き,青い吊橋を渡る。
直ぐに最奥の人家となり,暫くすると谷道ルート〔工兵道〕の入口に着く。
ここから沢沿いの道は,延々とガレ場のような浮石だらけの道が続く。
おほたつ橋跡から10分ほどで『九度瀬の滝』に到着。
滝のひとつひとつは2m~5mと小さいが,それが4つ5つと連続している様は,なかなかのものだった。
荒れた林道を歩くこと40分余りで,少し広がった『野遊郷』に出た。
ここを過ぎるとだんだん浮石が少なくなり,少しずつ歩き易くなる。
途中,分岐らしき箇所もあるが,「白木山」の案内プレートに従い,谷を詰めて行く。



12時05分 白木山山頂


二つ目の分岐を過ぎて,ガレ場の急坂を登っていると右手に振るようにロープが張ってあった。
ここでは,急勾配のトラバースに思わずロープに頼って登ってしまった。
20分ほどで右手の張出尾根に上がったが,更に15分ほど急坂に喘ぎ,やっと主稜線の縦走路に出た。
歩き始めて,ここまでほぼ3時間。
浮石と急坂で思った以上に右膝に無理をさせたようだ。少し痛みが出た。
縦走路を歩くこと40分ほどで白木山山頂に到着した。
山頂には少し雪が残っていたが,風が無いのでさほど寒くは無かった。
ただし,景色はと言うと薄いベールがかかったようにぼんやりとして,遠景は靄に溶け込んでいた。
〔北西側:,南東側:


13時14分 アセビの森


今回も昼食は,野菜たっぷりのキツネ・卵とじうどんを作り,暖を取った。
昼食後,いざ下山と思ったら,Ⅰさんがメインルートを下り出した。
何処へ?と思いながらも付いて行くと九合目の水場からルートを外れ,西にトラバースし始めた。
木々の間を暫く歩くと赤テープ,なんとそこは前回の直登ルートだった。
九合目付近の急勾配やアセビの群落は記憶に新しい。
再度,山頂に登り直して,予定のバリエーションコースに向かった。
縦走路の分岐からの下りは,前回の福永コースほど勾配がきつくなく,痛み出した膝には助かった。
このコースは,展望箇所は少ないが,荒れた箇所は道が付け替えられるなど,丁寧に手入れされていた。