出発日 平成27年12月30日(水)
目的地 呉市  野呂山〔膳棚山(839m)〕   足跡 ⇒ 
行 程 登山者専用駐車場(11:00) ⇒ 一合目(11:05) ⇒ 兜岩コース登山口(11:12) ⇒ 六号目(11:36) ⇒
仏岩(11:50) ⇒ 桜が谷岩海分岐(12:09) ⇒ 兜岩展望台(12:22~35) ⇒ 氷池(12:43) ⇒
膳棚山NTT電波塔(13:16) ⇒ 兜岩展望台(13:48) ⇒ 大滑岩(13:55) ⇒ 桜が谷岩海(14:08) ⇒
どんどんコース分岐(14:15) ⇒ 防火用水(14:42) ⇒ 一合目(15:07) ⇒ 登山者専用駐車場(15:10)  
         【総時間 4時間10分】 
記 録


11時50分 仏岩


昨日に引き続き「ひろしま百山」を歩くことにした。
出発が遅れ,駐車場に着いたのが11時前,急いで準備をして出発。
今回は, 『おしどり登山隊」さん』のHP を参考にさせてもらった。
まず,兜岩コース登山口から本格的な山道に入る。
しばらくすると植林帯に入るが,これが結構急勾配できつい。
気温が低いのでまだいいが,夏場は汗だくだくで辛いコースと思う。
六合目からは樹林帯を抜け,明るい山道となるが勾配は相変わらず急で,ジグを切りながら登っていく。
途中,仏岩に立ち寄ったのだが,説明板を読まなかったので,どこが仏様なのか分からなかった。
ここから,初めて瀬戸の海が見え,上蒲刈島や下蒲刈島が一望できた。
しかし,逆光なので上手く写らない。



12時43分 氷池


仏岩からコースに戻り20分ほどで兜岩展望台に到着。
立派な展望台を今日は独り占めだ。
上蒲刈島を中心にとびしま海道の島々が続いていた。
軽く昼食を取った後,野呂山の主峰である膳棚山に向かった。
途中の氷池は池全体が凍っていて,小石は跳ね返されてしまった。
氷池から車道を歩きNTT電波塔まで来たところでゲートに阻まれ,膳棚山は山頂直前でOUT!
三角点を確認できなかったが,とりあえず踏破したことにしよう。
兜岩展望台まで引き返し,大滑岩に向かった。
大滑岩からの展望も素晴らしく,夕日が絶景だそうだ。
西側には膳棚山の電波塔群が見え,中央の高い電波塔が山頂で,左手がNTTの電波塔だ。


14時08分 桜が谷岩海


大滑岩から桜が谷岩海分岐まで引き返し,そこから岩海にはきれいな遊歩道が整備されていた。
途中,2箇所で岩海の上を通過するのだが,谷に岩が集まり重なっている様は面白い。
遊歩道から「どんどんコース」のある谷に入ってしばらくすると,先ほど遊歩道から見た岩海を横切る箇所があり,更に下ると堰堤に出た。
堰堤から下る登山道は流出していたが,岩を渡って探索すると数十m先の左岸にルートを発見した。
よく見ると左岸側には流出した部分を高巻きするルートが出来ており,堰堤への下り道の途中に合流していた。
その後,防火用水を経て植林帯に入るのだが,ここは岩だらけで,ここに植林した先人に驚嘆する。
「どんどんコース」は実に面白いコースだった。