出発日 平成26年7月12日(土)
目的地 広島市西区 宗箇山(356m)~安佐南区 丸山(457.6m)~西区 大茶臼山(413.2m)  足跡 ⇒ 
行 程 三滝駅(7:53) ⇒ 三滝寺山門(8:05) ⇒ 分岐D(8:30) ⇒ 宗箇山山頂(8:47~52) ⇒ 分岐U(8:58) ⇒ やん谷自然道入口(9:21) ⇒ 上観音(9:46) ⇒ 〔湯つぼ跡探索で10分ほどロス〕 ⇒ 分岐P(10:13) ⇒ 丸山山頂(10:17) ⇒ 畑峠(10:40)  ⇒ 大茶臼山山頂(10:55) ⇒ 展望岩(11:00~05) ⇒ 己斐峠(11:19)
   【総時間 3時間26分】
記 録


8時47分 宗箇山山頂


夜に半夜釣りに行くため,近場でそれなりに歩けるルートを探していると宗箇山と丸山・大茶臼山を結ぶルートを発見。早速,歩くことにした。
JR三滝駅を出発し,宗箇山へはいつもと逆コースで,三滝寺の梵音の滝の横を抜け,反時計回りに登った。
山頂から見下ろす市内は,残念ながら湿気と逆光で薄く霞んでいた。
宗箇山から丸山へは,山頂の北側に延びる尾根道に入り,分岐Uから車道に向かってひたすら下る。
途中,鉄塔あたりから視界が開け,広島南アルプスの稜線(武田山から火山,丸山から大茶臼山)が見渡せた。



10時17分 丸山山頂


車道まで下りて,はてさて??
地図と高圧電線の方向から丸山への取り付き口を探していると,「やん谷自然道入口」の看板があった。
暫くすると「近道」の看板,誘われるように谷に入ると急勾配の連続。
しっかり汗をかいて上観音に到着。
どうも「湯つぼ跡」をショートカットしたらしい。もったいないので,本来の道を下りてみたが,5分ほどで諦めた。
ただ,途中見上げると丸山の東斜面は意外にも岩壁だった。
上観音から尾根の縦走路までは,20分ほどだが,ここも結構きつかった。
丸山の山頂は,いつもどおりマイクロウェーブの反射板があるだけ。


10時55分 大茶臼山山頂


丸山からは,アップダウンのほとんどなく,かつ展望もない登山道をひたすら歩く。
大茶臼山の三角点は,電波塔を横切る道の片隅にちょこんとあるだけで,まったく山頂らしくない。
ただし,山頂南側の展望岩は絶景で,しかも今日は誰もおらず独り占め。
東側には宗箇山,北西側には窓ヶ山のキレット,南西側には広島南アルプスのどん詰まり鈴ヶ峰までの 稜線が見渡せた。
残念ながら,宮島の弥山は霞んで見えなかった。
己斐峠からは,楽をしてボンバスに乗り,西広島駅に到着して終了。