出発日 平成26年6月8日(日)
目的地 尾道市 高見山(283m)   足跡 ⇒ 
行 程 向島洋ランセンター(9:15) ⇒ 東肩展望台A(9:57) ⇒ 瀬戸のうたみち入口(10:13) ⇒ 
高見山山頂(10:26~31) ⇒ 北展望台B(10:40) ⇒ 東肩展望台A(10:48) ⇒
向島洋ランセンター(11:10)      【総時間 1時間55分】
記 録


9時35分 登山道


今回は,尾道の実家から散歩がてらに高見山を歩くことにした。
向島洋ランセンターから登り始めた。
登山道と言ってもハイキングコースとして整備されていて,多少痛んだ箇所もあるが,幅1メートル程度の道が数コースある。
標高が283mと低いため,できるだけ歩ける松永湾展望コース<を選んだが,それでも40分ほどで東尾根の展望台に上がった。



10時26分 高見山山頂


東尾根の展望台からは,遊歩道を通って山頂の南側に回り込み,「瀬戸のうたみち」 を山頂まで登る。
山頂からは,少し靄っているものの,それでも因島大橋の背景に白滝山やその奥の 高い山は生口島の観音山だろうか。
西側には,尾道の鳴滝山から三原の鉢ヶ峰に連なる稜線が霞の中に横たわっていた。
あの稜線も早く歩いてみたいものだ。


10時40分 北展望台


帰りは,山頂から5分の所にある尾道水道展望台に立ち寄る。
尾道水道を挟んで,千光寺山・西国寺山・浄土寺山の尾道三山が見える。
浄土寺山の178mが最高峰だけあって,やっぱり低い。
薄い靄がかかって透明感は無かったが,それでも展望には満足。
ぶらぶらと歩きながら2時間弱で本日の山歩きを終了した。