出発日 平成26年3月8日(土)
目的地 廿日市市  極楽寺山(693m)   足跡 ⇒ 
行 程 下平良登山口(9:48) ⇒ 極楽寺橋(10:06) ⇒ 地蔵展望地(10:42) ⇒ 極楽寺(11:22~35) ⇒
極楽寺山山頂(11:50) ⇒ 蛇の池(12:00~17) ⇒ 極楽寺(12:47) ⇒ 佐方分岐(13:17) ⇒
佐方登山口(13:39) ⇒ 下平良登山口(14:09)     【総時間 4時間21分】
記 録


10時06分 極楽寺橋


天気は朝から快晴。しかも寒い。
体調は優れないが,もったいないので,沿岸部の山を歩くことにした。
沿岸部で,近場というと極楽寺山があり,30年ぶりに歩くことにした。
風邪気味で喉も痛いので,マスクをして登ったのだが,これが結構きつく,コースの勾配よりも呼吸をする方がしんどかった。
歩くこと1時間半で極楽寺に到着。



11時50分 極楽寺山山頂


極楽寺本堂にお参りした後,展望休憩所で小休憩。
南に展望が開けているが,残念ながら靄がかかり,透明感が無い。
肉眼でなんとか江田島の宇根山や砲台山のシルエットが確認できた。
境内に案内がないので標高の高い場所を探して歩いていると,展望広場があり,693mの表示があるので,どうやらここが極楽寺山の山頂らしい。


12時00分 蛇の池


昼食場所を探して歩いていると蛇の池に到着。ここは,広々とした池と周りには東屋もあり,ここで昼食をとった。
しかし,ほとんど山頂に近い標高600mの地にこんな池があるとは驚きだ。
春には桜,秋には紅葉が楽しめる。
下りは,極楽寺から佐方方面に下ったのだが,佐方分岐辺りまでは急勾配の坂や階段の連続で,登りに使うにはしんどいコースだと思った。