出発日 平成26年3月22日(土)
目的地 広島市安佐北区  白木山(889.3m) ~ 押手山(706.8m)   足跡 ⇒ 
行 程 上三田駅(8:02) ⇒ 秋山登山口(8:20) ⇒ 384ヒ゜ーク(9:00) ⇒ 540.9ヒ゜ーク(9:39) ⇒ 
鉄塔(10:00)  ⇒ 547ヒ゜ーク(10:17) ⇒ 575ヒ゜ーク(10:36) ⇒ 600.7ヒ゜ーク(10:58) ⇒ 
695ヒ゜ーク(11:45) ⇒ 白木山山頂(12:18~23) ⇒ 押手山山頂(13:14) ⇒ 大林登山口(13:42) ⇒
ガラスの里バス停(14:28)      【総時間 6時間26分】
記 録


10時58分 600.7ヒ゜ーク(10:58)


三連休2日目は晴れると言う予報を信じて,ロングコースを選択。
気温は2℃程度,山は霧の中に沈んでいた。
384ピークの急登で体を温めながら,唯一の眺望が望める鉄塔に到着。
ここでは,木々の頭越しに白木山の山頂や神ノ倉山が見えた。
何回かのアップダウンを経て縦走路の中間地点600.7ピークに到着したが,当然,展望はまったく無い。



12時18分 白木山山頂山頂


霧が晴れて青空が覗いたと思ったのもつかの間,雲がどんどん出てきて,風も少し吹き,寒くなった。
700m越えた辺りから北斜面に昨日降ったらしい雪が残るようになった。
ダラダラとした稜線を歩いていると突然,白木山のメインルートに合流。そこから6分ほどで山頂に到着。
眺望は霞が掛かって透明感は無く,高鉢山の縦走路や可部の山々を眺めて,早々に出発した。


13時14分 押手山山頂


白木山から押手山までの北斜面は4~5cmの積雪で足が滑り,苦労した。
1時間ほどで,木々に囲まれた押手山山頂に到着。記録の写真を撮って,すぐさま帰路に着く。
山頂直下の十字分岐から大林登山口に向けて下った。
登山口からは林道を50分ほど歩いてガラスの里のバス停に到着, と同時にバスが来て,とてもラッキー。
可部線・芸備線を乗り継ぎ帰宅した。