出発日 平成25年2月2日(土)
目的地 尾道市 高見山(283m)   足跡 ⇒ 
行 程 立花登山口(12:52) ⇒ 高見山山頂(13:25~40) ⇒ 尾道水道展望台(13:45) ⇒ 
洋ランセンター(14:12) ⇒ 吉原家住宅(14:37) ⇒ 地蔵院(14:50)  【総時間 1時間58分】
記 録


13時15分 「高見山山頂七景」


先週に引き続き,実家周辺での山歩きとなった。
今回は,中学以来の高見山。
立花の集落から歩き始め,15分ほどで「瀬戸のうたみち遊歩道」に入る。
この遊歩道には,文人墨客の22点の作品が岩に刻まれていて,瀬戸内の美しさを詠んだ句が楽しめる。
写真の句は,高見山頂上から見る一日や四季の景色を詠んだもので,内容は⇒こちら



13時25分 高見山山頂槍


勾配は結構きつかったものの30分ほどで山頂に到着。
未明の雨が上がったものの少し靄っているが,実に懐かしい景色だった。
中でも因島を含む多島美は,靄っても美しい。
山頂からは尾道方面は見えないため,帰りに尾道水道展望台に寄って,先週歩いた尾道三山を望んだ。
いずれも200mにも満たない低山なので,少し悲しい。


14時37分 吉原家住宅


高見山周辺にはほとんどバスがないため,下山してからもぶらぶら歩きながら帰ったのだが,途中,国の重要文化財に指定されている「吉原家住宅」に立ち寄った。
しかしである,土曜日は開館しておらず,残念ながら見学できなかった。
地元の文化財にもかかわらず今まで見たことが無かったが,よく聴いてみると母方の遠戚にあたり,母が小さい頃,この家で数回遊んだそうだ。