出発日 平成24年9月9日(日)
目的地 広島市安佐北区 本串山(572.8m)   足跡 ⇒ 
行 程 浄国寺登山口J(9:08) ⇒ 沢L(9:25) ⇒ 石碑M(9:49) ⇒ D分岐(10:02) ⇒ 鉄塔(10:15) ⇒
本串山山頂(10:28) ⇒ D分岐(10:43) ⇒ 牛頭山分岐N(10:51) ⇒ 鉄塔O(11:15) ⇒
車道出会いS(11:41) ⇒ 浄国寺登山口J(11:56)    【総時間 2時間48分】
記 録


10時15分 鉄塔


降雨確立30~40%。雨が降る前に歩いてこようと急いでバイクで出発。
前回は,L分岐の手前で違ったコースを下ったので,今回は逆ルートで確認することにした。
浄国寺の前に駐車して山に入った。
予想通り蜘蛛巣だらけで,うんざりしながら登っていくと,沢Lを少し上がった所で前回迷った分岐に出た。
これなら,どちらのコースも大差ない。
雨がポツポツ落ちてきて,樹林の中はとても蒸し暑く,しかも展望もない。
上りで唯一展望がある鉄塔から堂床山()を望むことができた。



10時28分 本串山山頂


歩き始めて1時間20分で到着。
途中,休憩らしい休憩は取っていないし,迷った所も無かったのに標準のコースタイム(63分)より約20分も多く掛かってしまった。
蒸し暑くもあったが,原因は蜘蛛の巣の多さ以外にない!?
(体力の衰えとは思いたくない。)
本串山の山頂は展望はなく,風もあまり吹き抜けない。従って,休憩する場所でもなければ,間違っても食事をする場所ではない。
『来たよ!』と言う証明写真を撮って,いそいそと下山した。


11時10分 荒谷山遠望


N分岐で牛頭山をピストンしようかとも思ったが,天候が心配だったので,そのまま巡視路を歩いて清和中に下ることにした。
こちらのコースも樹林帯でまったく展望がなく,つまらないと思っていたら,10mほど南に開けた箇所があり,太田川の向こうに先週歩いた荒谷山や日裏権現山を見ることができた。
さらに,その先の鉄塔Oでは,北西方面が開けていて,天気が悪いものの堂床山を中心としたパノラマ?が見えた。展望の無いこの山では貴重な場所である。