出発日 平成24年9月16日(日)
目的地 広島市安佐北区 備前坊山(789.4m)   足跡 ⇒ 
行 程 変電所登山口P(9:55) ⇒ 第3鉄塔(10:33) ⇒ 第4鉄塔K(11:00) ⇒ 第7鉄塔H(11:19) ⇒  
686ピーク(11:40) ⇒ 備前坊山山頂(12:00~05) ⇒ 686ピーク(12:20) ⇒ 第4鉄塔K(12:45) ⇒  
第2鉄塔(13:02) ⇒ 変電所登山口P(13:17)     【総時間 3時間22分】
記 録


10時15分 堂床山遠望


台風の影響はまだ少なく,降雨確立も30%程度。これなら大丈夫だと出発。
ただし,曇って展望は期待できないので,展望のない備前坊山を目指した。
ところが,マップを忘れたので,以前歩いたルートを選択した。
南原峡の変電所横から歩き始めて20分,本日唯一の展望場所から南原ダム越しに堂床山(を望む。
しんどいがお気に入りの一峰だ。



11時40分 686ピーク


このルートは,登山口から第3鉄塔までで,標高150mから500mまで一気に高度を稼ぐ。
従って,最初がとてもしんどい。
しかし,一旦尾根まで上がると後はなだらかな稜線歩きとなり,第5鉄塔辺りからは西側が桧の植林に変わる。
686ピーク手前は,またまた急勾配だが登り切ると,そこは手入れがされた桧の樹林帯。とても気持ちがいい。


12時00分 備前坊山山頂


前半の雑木林では蜘蛛の巣に悩まされたが,後半の桧林は蜘蛛の巣が無くて快適に歩け,2時間で到着。
山頂に展望は無いものの今日は風が吹き抜けとても涼しい!と思っていたら,汗でびっしょりの体には風が強くて,とても寒くなった。既に秋か?!
今日はピストンなので,帰りは蜘蛛の巣が無いのと基本下りなので,快調に歩き70分程度で下りきった。