出発日 平成24年9月15日(土)
目的地 広島市安佐北区 水越山(526m)   足跡 ⇒ 
行 程 公園緑地入口A(13:14) ⇒ 分岐B(13:17) ⇒ 案内板I(13:32) ⇒ 東張出尾根H(13:45) ⇒ 
水越山山頂(14:05) ⇒ 東張出尾根H(14:17) ⇒ 案内板I(14:25) ⇒ 公園緑地入口A(14:34)
   【総時間 1時間20分】
記 録


13時32分 案内板Ⅰ


本日は待ちに待ったイカ釣りに行く予定だったが,台風16号の影響であえなく中止に!
休みが勿体ないので山を歩くことにしたが,出発が昼を過ぎていたため,短時間で歩ける水越山にした。
今回は左回りで登ろうと思ったが,蜘蛛の巣がすごく,右回りのピストンに変更した。
この山は,登山道は一本道だが,公園内は色んな遊歩道があってそこまでの道が分かり難い。



13時40分 植林の登り道


この山はピストンで1時間半程でたいして掛からないが,案内版Ⅰから張出尾根Hまでは,植林された杉林の登りで結構きつい。
勾配は急だし,少し苔むしている箇所もあり,足を取られる。
張出尾根からは少し勾配は緩くなるものの,今度は蜘蛛の巣だらけだ。
山頂までの間,まったく展望はない。
おまけに風通しも良くない。
歩く理由を探したくなる山と言うとちょっと言い過ぎか?!


14時05分 水越山山頂


結構しんどかったが,50分ほどで山頂に到着。
しかし,出迎えてくれる展望は無い。
当然,分かって登ってきたけれど,やはり残念だ。
水分補給をしてすぐに折り返し,滑りながら杉林を下り,公園に到着。
すると目の前に結構形のいい山があり,どこの山かなと思ったら山頂に何やら鉄塔が見える。螺山だった。
形はいい山だが,残念ながらこの山も蜘蛛の巣がすごい山なのだ。