出発日 平成24年8月31日(金)
目的地 広島市安佐北区 高松山(339m) & 螺山(475m)   足跡 ⇒ 
行 程 ① 可部高グランド登山口(9:22) ⇒ B分岐(9:30) ⇒ 大文字点燈場所(9:52) ⇒ 高松山山頂(10:03) ⇒ E分岐(10:23) ⇒ 高松峠(10:37) ⇒ 可部高グランド登山口(10:57)
② 虹山会館登山口(11:23) ⇒ 湯の山霊泉(11:27) ⇒ E分岐(11:37) ⇒ D分岐(11:58) ⇒ 
螺山山頂(12:12~17) ⇒ D分岐(12:23) ⇒ E分岐(12:41) ⇒ 湯の山霊泉(12:50) ⇒ 虹山会館登山口(12:53)
   【総時間 3時05分】
記 録


9時52分 大文字点燈場所


今日は夜釣りに行くので,散歩がてらに高松山を登ることにした。
高松山は可部の街のど真ん中にあると言うのに鹿がいる。今日もガサガサと音がするのでイノシシかと思いきやピィーョ!と鳴いている。鹿である。
途中,大文字の点燈場所に寄ってみたが,京都とは違い薪を焼くのではなく,どうも電灯を使用するらしい。
点燈場所の向こうには螺山が見えたが,まさかこの後登るとは思わなかった。



10時03分 高松山山頂


山頂は木が伸びて,少し視界が悪くなった気もするが,それでもgood!
可部の街を取り巻く福王寺山~阿武山や堂床山~備前坊山のパノラマは,すばらしい!
下山する時,E分岐が分からず少しウロウロしてしまった。みっともない。
峠に出て駐車場所に向かう途中に電話が入り,なんと釣りが中止に!
このまま帰るのももったいないので,先ほど大文字の場所で眺めていた螺山を登ることにした。


12時12分 螺山山頂


螺山は可部の街に隣接しながら,展望の悪さから人気が無く,当然,登山道は蜘蛛の巣だらけ。
従って,夏場は歩きたくないのだが,蜘蛛の巣を払いながらボチボチ登っていたら,意外とあっさり山頂に到着。
蜘蛛の巣は別として,既に空気に熱気は無く,季節は秋に踏み出したのかもしれない。
山頂では,木々の間から白木山をなんとか見ることができた。
なお,湯の山霊泉はうまい水でした。