出発日 平成24年6月29日(金)
目的地 広島市安佐北区 尻高山(556.7m) & 笹ヶ丸山(648m)   足跡 ⇒ 
行 程 ① 宇賀ダム登山口(10:24) ⇒ 82番鉄塔(10:48) ⇒ Ⅰ分岐(10:55) ⇒ G分岐(11:04) ⇒
  Hコル(11:20) ⇒ 尻高山山頂(11:36~44) ⇒ Hコル(11:54) ⇒ Gコル(12:10) ⇒ 
  82番鉄塔(12:21~26) ⇒ 宇賀ダム登山口(12:40)
② 鉾ノ峠登山口(13:26) ⇒ 笹ヶ丸山山頂(13:48) ⇒ N分岐分岐(14:01) ⇒ ロス(19) ⇒
  N分岐分岐(14:20) ⇒ O分岐(14:24) ⇒ 林道(14:25) ⇒ 鉾ノ峠登山口(14:47)
記 録


10時24分 宇賀ダム登山口


晴れの予報を見て,思わず休暇!
今日は尻高山と笹ヶ丸山を踏破する予定で家を出発したが,ネットで調べてみても宇賀ダムから尻高山に登る登山口がはっきりしない。
数枚の写真と地図を頼りにバイクを走らせ,宇賀ダムの堰堤から1.9km先の待避所の川向こうに登山口の赤テープと中電の黄色い標識?を発見!
長靴に履き替えて川を渡った。



10時33分 滝山遠望


このルート,川からいきなり垂直の壁をよじ登るがごとく急登する。
しかもこの急登,多少ゆるい所もあるがⅠ分岐まで30分程続いていて,結構しんどい。
一番きつい最初の10分程登った所で視界が開け,宇賀ダムの向こうに滝山がどっしりと座っていた。
今まで,この山の全容を見たことがなかったが,なかなかの山容だ。


11時36分 尻高山山頂


G分岐からHコルまでは穏やかな尾根歩きだったが,Hコルから山頂までは,結構なアップダウンがあり,尻高山では展望が全然ないのに小休憩を余儀なくされた。
ただ,ちょうどお昼でもあり,おむすびを少し食したが,落ち着いてみると風があり,涼しさも感じるほどだった。
それでも今日はもう1峰登る予定だったので,あまりゆっくりもできなかった。


12時21分 82番鉄塔


時間が経つほどに晴れてきて,お昼には快晴。
気温もどんどん上がり,28℃まで上がったそうだ。
下りの途中82番鉄塔で南の方に見える山が尻高山だろうと思ったのだが,開けている場所が鉄塔の真下しかなく,コンパスが役に立たないので,稜線の形から一番奥の左側が山頂かな?と納得してしまった。



13時48分 笹ヶ丸山山頂


本日,2峰目。
1月に来た時にはなかった林道がかなり奥まで入り込み,峠の登山口を粉砕していた。お陰で分かり難かった取り付きが更に分かり難くなっていた。
山頂までは約20分ほどで到着。
平日だと言うのに先客が居た。
それと,山頂の10m手前まで草刈機での作業が行われていたのには,びっくりした。


13時50分 北方面遠望


山頂から少し下った所から北を望む。
手前に久地冠山,中段に牛部山・本串山・水越山,その奥には堂床山に白木山まで見渡せた。
下りは,そのまま南西に下りたのだが,N分岐から踏み込んではいけない谷道に入り,お陰で20分のロス。
ゼイゼイとなりながら登り直し,無事,O分岐から林道に出て,終了。
これで,いよいよ残り1峰。