出発日 平成24年5月20日(日)
目的地 広島市安佐北区 金明山(735m)   足跡 ⇒ 
行 程 E登山口(10:55) ⇒ 第1鉄塔G(11:10) ⇒ 第3鉄塔L(10:38) ⇒ M分岐(11:46) ⇒
金明山山頂(11:57) ⇒ 第4鉄塔N(12:01~15) ⇒ M分岐(12:24) ⇒ 705ピーク(12:35) ⇒ 
林道終点(12:50) ⇒ E登山口(12:57)   【総時間 2時間02分】
記 録


10時35分 県道33号分岐


今日は曇りだが,降水確率は10%。東側半分で唯一残っている金明山を目指した。
ゼロハンで1時間20分,距離にして35km,目印のキティちゃんの所を左折して登山口に向かう。
登山口の標高が既に450mぐらいなので,標高差は300mほど。
牛岩コースは標高差が500mあるので,少しずるい!ような気もする。
登山口からは,中電の巡視路を歩くので,道は歩き易い。



11時57分 金明山山頂


第2鉄塔に向かう途中,自生のシャクナゲが綺麗に咲いていた。
第3鉄塔から尾根に上がると稜線には,山頂(北)に向かう道と地図にはないが705ピークに続くと思われる南へ延びる道があった。
所々にテープがあるようなので,帰り道はこのコースを歩こうと決めた。
歩き始めて1時間ほどで山頂に到着。
しかし展望は,ゼロ!
記録の写真を撮って,展望のある第4鉄塔に向かう。


12時01分 第4鉄塔


このルートで唯一展望が利く場所だが,空が曇って全然物足りない
今回は2万5千の地図を持ってきたが,鉄塔の真下でコンパスが利かず,遠くの山は特定ができなかった。
帰りは705ピークを目指したが,途中,マイクロウェーブの反射板があり,どうやらこれ用の巡視路みたいだ。
705ピークからは巡視路を外れ,朽ちたテープに誘われるように急坂のコースを下り,あっと言う間に林道終点に下りてしまった。