出発日 平成24年4月14日(土)
目的地 広島市安佐南区 岳山(521.5m)  &  安佐北区 高八山(429.7m)   足跡 ⇒ 
行 程 ① 境原 I 登山口(10:44) ⇒ 千年杉(10:54) ⇒ 岳山東峰ピーク(11:17~30) ⇒ 岳山本峰山頂 (11:38) ⇒ 東峰ピーク(11:45) ⇒ 境原 I 登山口(12:06)
② 水口神社A登山口 (12:29) ⇒ 高八山山頂(13:17) ⇒ 水口神社A登山口 (13:55)
  【総時間 2時間48分】
記 録


10時54分 千年杉


朝,晴れてたのでバイクで出発。
本日,1峰目の岳山へは前回と同じルートを歩いた。
途中,千年杉にご挨拶!
幹周:12.2m,樹高:40.3m,主な枝:7本の堂々たる杉だ。
汗をかく暇もなく,展望の開けている東峰ピークに到着。ただし,ここが山頂ではない。


11時38分 岳山本峰山頂


山頂は,東峰ピークから5分の所だが,展望はないので,東峰ピークでしばし眺望を楽しんだ。
まずは,東側に荒谷山,南東側には,広島南アルプスの長い稜線が見渡せた。
次に,北側を望むと尻高山から牛頭山や本串山を経て堂床山まで安佐北区の西側の山々が一望できた。


13時17分 高八山山頂


本日2峰目は高八山。
4合目から8合目までは,超急登。
登る時はもちろん,休む時でさえ木につかまらないとずり落ちてしまう。
当然,落石は止まらない。
8合目からは広い尾根歩きとなるが,少し油断するとすぐロストしてしまう。
しかも苦労して到着した山頂に展望はなく,とても残念な山だ。