出発日 平成24年3月31日(土)
目的地 広島市安佐北区  福王寺山(496.2m)  足跡 ⇒ 
行 程 阿弥陀坂K登山口(13:22) ⇒ I 分岐(13:37) ⇒ 金亀池 (13:43) ⇒ 三鬼大権現(13:54)  ⇒ 
福王寺山山頂(13:58) ⇒ 福王寺本堂(14:18~23) ⇒ I 分岐(14:27) ⇒ 阿弥陀坂K登山口(14:37)
   【総時間 1時間15分】
記 録


13時43分 金亀池


朝方の雨が乾くのを待って,お昼に自宅を出発。
明日から4月というのに気温は10度程度,しかも風は北風でこれまた10m以上の強風で,とても寒かった。
今回のルートは,山をぐるっと回り込んで北側から登ることにした。
歩き始めが八丁?程で,一丁毎に石柱があり,最後の一丁が金亀池のほとりに立っていた。



13時54分 三鬼大権現


金亀池から10分ほどで三鬼大権現のお社に到着。確か,ここが,この山の最高地点だったはず。
山頂は,ここから4分ほど歩いた所にあるが,展望はよろしくない。
わずかに水越山の山頂が見える程度だった。
明日は朝から晴れそうなので,寒くなければこの山を歩こうと思う。


14時18分 福王寺本堂


せっかくなので福王寺の本堂に寄って帰ることにする。
三鬼大権現から本堂までの間に立ち枯れ箇所があり,少し展望が利く。
立ち枯れの隙間から東側に白木山や呉娑々宇山,南に阿武・権現の稜線が見渡せた。
本堂の境内には燈明杉がでぇーんと空に突き立っていた。1本が少し枯れているが,みごとな杉だ。